原発再稼働 経産相 電力余裕あれば認めず

原発再稼働 経産相 電力余裕あれば認めず


 枝野幸男経済産業相は六日、閣議後の記者会見で、定期検査で停止中の原発の再稼働について、原発がなくてもその地域の電力供給に余裕があると判断した場合は「安全性が確認されても必要がなければ(原子炉は)開けない」と話し、再稼働は認めない考えを示した。
 枝野氏は「まずは安全が最優先。余裕があるなら原発への依存度を下げていく。原発がなくても、社会が回っていく状況にしたい」と話し、あらためて政府方針である「脱原発依存」を進めていくことを強調した。
 一方で「原発がゼロという意味ではない」とも指摘し、火力発電所が使えなくなり、電力供給が困難になる事態などに備え、エネルギー安全保障の観点から原発の保有は続ける姿勢も示した。
 また、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働に関しては、具体的な安全性を確保するための工程表の提出を関電に求める方針も示した。藤村修官房長官は六日の記者会見で、野田佳彦首相と関係三閣僚による同日夕の協議で原発再稼働の可否を判断する新たな安全基準を決定すると説明した。
 関電側から工程表の提出を受け、野田首相と関係三閣僚は、新しい安全基準に加えて工程表の内容が適切かどうかを協議し、大飯原発の再稼働の可否を決定。その後、枝野氏が福井県入りして、原発の安全性について西川一誠知事に説明する。
 枝野氏は、京都府や滋賀県など周辺自治体からも直接説明を求められた場合は「体は一つなので、ケース・バイ・ケースで判断する」と話し、福井県以外は、別の責任者を派遣する考えを示した。
東京新聞、2012年4月6日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2012040602000269.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック