「原発事故で閉園」 福島・浪江の幼稚園、東電を提訴

「原発事故で閉園」 福島・浪江の幼稚園、東電を提訴  東京電力福島第一原発の事故で閉園せざるを得なくなったとして、福島県浪江町で浪江幼稚園を経営する学校法人「大谷学園」(大谷隆英理事長)が、東電に対して約4億2800万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。11日に第1回口頭弁論があり、東電側は今後、賠償額について話し合う意向を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電力見通し  「経営の論理」が目立つ

電力見通し  「経営の論理」が目立つ  関西電力の今年夏の電力需給見通しを、政府が試算した。  原発がないままで、昨年夏並みの需要があるとしたら7・6%不足する、とした。  関電ではなく、政府がわざわざ試算したのにはわけがあろう。大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働を急がないと、大変なことになりますよ。そう言いたいのだろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストップ原発イベントカレンダー:4月12日更新

ストップ原発イベントカレンダー:4月12日更新 ◆原発事故から1年、放射線測定で見えてきたこと(東京都) 4月13日(金)18:45~、総評会館 204会議室(東京都千代田区神田駿河台3-2-11)    地図 http://www.sohyokaikan.or.jp/access/index.html 講師 木村 真三さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

枝野氏13日に福井入り 大飯原発再稼働で要請

枝野氏13日に福井入り 大飯原発再稼働で要請  野田佳彦首相は10日、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働への協力を要請するため、枝野幸男経済産業相を13日に福井県に派遣する方向で最終調整に入った。西川一誠知事とおおい町の時岡忍町長に会い、地震や津波による全電源喪失対策を含む新しい安全基準に大飯原発が適合していると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発容認「軽率で失敗だった」 村山元首相が集会で発言

原発容認「軽率で失敗だった」 村山元首相が集会で発言  村山富市元首相は8日、大分市内で開かれた集会で、首相在任当時に社会党(当時)の方針を転換して原発を容認したことに触れ「軽率で失敗だった。謝らないといけないという心境。過ちを克服するため、原発だけは認めるわけにはいかないという気持ちでいっぱい」と述べた。  自治労大分県本部主催の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府、LNG発電所誘致 年度内 北部で候補地

京都府、LNG発電所誘致 年度内 北部で候補地  京都府は、府北部に液化天然ガス(LNG)の火力発電所誘致に乗り出す。火電の中では比較的環境負荷の少ないLNG発電の増強により脱原発に向けた取り組みを加速させる。府が再稼働を求める関西電力宮津火電(宮津市)のLNG改修も視野に本年度中に候補地を決めて、事業者に働き掛ける。  府は原子力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

600人「大飯再稼働阻止」 大津で反対集会印刷用画面を開く

600人「大飯再稼働阻止」 大津で反対集会印刷用画面を開く 大飯原発3、4号機の再稼働に反対する関西集会で、思いを訴える福島県からの避難者の青田さん(大津市島の関・なぎさ公園) 関西電力大飯原発3、4号機(福井県)の再稼働に反対する関西集会が7日、大津市のなぎさ公園で開かれた。滋賀県や京都府をはじめ、福井県の住民、東日本大震災で被災し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストップ原発イベントカレンダー:4月9日更新

ストップ原発イベントカレンダー:4月9日更新 ◆原発ゼロへ!止めよう再稼働 4・11アクション(東京都) 4月11日(水)午後6時 集合 日比谷公園中幸門(日比谷公会堂裏) ※千代田線・日比谷線「霞ヶ関駅」C1出口より200m、丸の内線「霞ヶ関駅」B2出口より300m、 都営三田線「内幸町駅」A7出口より150m 午後7時 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県立図書館の全面復旧は6月下旬に 公開部分は一足早く

県立図書館の全面復旧は6月下旬に 公開部分は一足早く   東日本大震災で建物が損傷し復旧工事中の県立図書館(福島市)は、工期が当初予定より1カ月ほど延び、6月下旬に全面復旧する見通しとなった。  建物外側の軒天井が想定よりも壊れていたため。ただ、公開図書室部分は一足早く工事が完了する見込みで、安全の確保と準備が整い次第、館全体の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

警戒区域で、がれき集積場整備へ 福島・楢葉町

警戒区域で、がれき集積場整備へ 福島・楢葉町   東京電力福島第1原発事故で大部分が警戒区域となっている福島県楢葉町の沿岸部2カ所で、国が5月にも東日本大震災で発生したがれきを保管する集積場の整備を始めることが7日、分かった。震災から1年以上たっても警戒区域内の震災がれきはほとんど手付かずの状態で、同区域内で大規模ながれきの保管場所の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脱原発 首長スクラム

脱原発 首長スクラム  東京電力福島第一原発事故を受け、脱原発を宣言する自治体の首長ら十五人の呼び掛けで「脱原発をめざす首長会議(仮称)」が設立されることが分かった。全国自治体の首長に参加を呼び掛け、設立総会を二十八日に東京都内で開く。脱原発を掲げる城南信用金庫の本店(品川区)が会場になる。  新たな原発は造らせず、早期に原発ゼロ社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の味覚大ピンチ 市原、木更津初の出荷停止 県産タケノコ相次ぐ新基準値超

春の味覚大ピンチ 市原、木更津初の出荷停止 県産タケノコ相次ぐ新基準値超 市原市産タケノコの流通自粛を知らせる掲示。商品棚には他県産の商品が=5日夕、市原市内のスーパー 今月から基準が厳しくなった放射性セシウムの食品検査。本県特産品のタケノコからも相次いで新基準値を超過したセシウムが検出され、地元自治体などに市民からの問い合わせが殺到…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山開き断念相次ぐ 県内 高線量理由に 実施の山は測定し公表も

山開き断念相次ぐ 県内 高線量理由に 実施の山は測定し公表も 山開きに向けて登山道の整備に励む会員=川俣町・女神山  東京電力福島第一原発事故に伴う放射線の影響を懸念し、県内で今年の山開きを中止するケースが出ている。福島民報社の調べでは、いわき市の鬼ケ城山、二本松市の羽山など少なくとも10カ所で、放射線量が高いことを理由にイベントを取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発再稼働 経産相 電力余裕あれば認めず

原発再稼働 経産相 電力余裕あれば認めず  枝野幸男経済産業相は六日、閣議後の記者会見で、定期検査で停止中の原発の再稼働について、原発がなくてもその地域の電力供給に余裕があると判断した場合は「安全性が確認されても必要がなければ(原子炉は)開けない」と話し、再稼働は認めない考えを示した。  枝野氏は「まずは安全が最優先。余裕があるなら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県「信じられない認識」 官房長官の原発再稼動地元同意「義務ない」発言

県「信じられない認識」 官房長官の原発再稼動地元同意「義務ない」発言   藤村修官房長官が5日午前の記者会見で、原発の再稼働に地元の同意は必ずしも前提条件とはならないとの認識を示したことを受け、福島第一、第二原発の全10基の廃炉を国と東電に求めている県企画調整部は「仮に他県の原発を念頭に置いた発言だとしても、本県の原発事故の現状や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島の小中学校に春 川内村、地元で学校再開

福島の小中学校に春 川内村、地元で学校再開  東京電力福島第1原発事故による子どもの転校が相次いだ福島県で6日、市町村立の小中学校の新学期がスタートした。この日は約700校で入学式や始業式。県教育委員会によると、入学者数は小中学校合わせて約3万4450人。前年度比約1450人の減少となった。  先月、役場機能が移転先から戻った福島県…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

>原木シイタケとタケノコ、各3市で基準超セシウム

原木シイタケとタケノコ、各3市で基準超セシウム 県、出荷自粛を要請 県は5日、常陸大宮・つくばみらい・守谷3市の原木シイタケと小美玉・潮来・つくばみらい3市のタケノコから、基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超える放射性セシウムがそれぞれ検出されたと発表した。県は、基準値を超えた5市に出荷・販売の自粛を要請した。 検査は、2&…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市原と木更津のタケノコ新基準超 県、出荷自粛を要請

市原と木更津のタケノコ新基準超 県、出荷自粛を要請  県は4日、市原市と木更津市で採れたタケノコから、食品中の放射性セシウムの新基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を超える最大120ベクレルを検出したと発表した。県は両市に対し、出荷自粛を要請した。新基準による出荷自粛は香取、流山、印西の3市と合わせ、県内5市となった。 千葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発再稼働、地元同意義務ない 藤村官房長官

原発再稼働、地元同意義務ない 藤村官房長官 藤村修官房長官  藤村修官房長官は5日午前の記者会見で、定期検査により停止中の原発の再稼働に関し、地元の同意は必ずしも前提条件にならないとの認識を示した。「法律などの枠組みで同意が義務付けられているわけではない」と述べた。これまで原発の再稼働には地元の同意が必要としてきた姿勢を軌道修正し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

汚染水12トン海へ流出か 福島第一原発 ストロンチウム含む

汚染水12トン海へ流出か 福島第一原発 ストロンチウム含む  東京電力は五日、福島第一原発の汚染水処理システムの配管から高濃度のストロンチウムなどを含む汚染水十二トンが流出したと発表した。配管のホースがつなぎ目から抜けたのが原因。汚染水は排水溝を通って、ほとんどが海に流れ出た可能性がある。  東電によると、汚染水が漏れたのは、放射性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発再稼働へ政府が暫定基準 県内「当然」、安全性の確認重要

原発再稼働へ政府が暫定基準 県内「当然」、安全性の確認重要  福井県の関西電力大飯原発3、4号機の再稼働をめぐり政府は5日、東京電力福島第1原発事故の知見を反映した暫定的な安全基準を示した。福井県など地元自治体の要請に応えた形で、県内関係者の多くは「当然」とする半面、「時間をかけすぎたという印象」(野瀬豊高浜町長)との声も強い。今後地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島原発周辺に長期居住制限

福島原発周辺に長期居住制限も   政府は東京電力福島第1原発事故を踏まえ、同原発の隣接地域で住民の居住を長期間制限する検討を始めた。藤村修官房長官が4日午前の記者会見で明らかにした。原発敷地内の仮施設などで大量の汚染水が保管されて安全面の不安が残ることや、核燃料の取り出しなどで隣接地域に一定の広さの用地を確保する必要があることなどが理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島原発で配管から汚染水漏れ 海へ流出か

福島原発で配管から汚染水漏れ 海へ流出か  東京電力は5日、福島県大熊町の福島第1原発4号機近くで、処理された高濃度汚染水を淡水化する装置と貯水槽を結ぶ配管から水が漏れたと発表した。一部が海に流出している可能性もあり、確認を急いでいる。  漏れた量は約12トンと推定され、測定した結果、放射性セシウムの濃度は最大で1立方センチ当た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国を上回る独自基準 吉川市除染計画

国を上回る独自基準 吉川市除染計画  除染について国が財政支援を行う「汚染状況重点調査地域」に指定されている吉川市は4日、放射性物質汚染対処特措法に基づく除染計画を発表した。除染を実施する平均空間放射線量の目安として、国の基準(高さ50センチまたは1メートルで毎時0・23マイクロシーベルト)より厳しい同0・19マイクロシーベルト(高さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経産相再稼働要請で地元判断いかに 大飯原発で福井、暫定基準見極め

経産相再稼働要請で地元判断いかに 大飯原発で福井、暫定基準見極め 大飯原発(福井県おおい町)の再稼働をめぐる手続き  関西電力大飯原発3、4号機の再稼働をめぐり枝野幸男経済産業相が8日にも地元説明のため福井県を訪れる見通しとなり、焦点は「地元の同意」に移る。野田佳彦首相が策定を指示した東京電力福島第1原発事故の知見を反映した暫定的な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国の原発事故隠蔽で3人告発 住民は廃炉要求

韓国の原発事故隠蔽で3人告発 住民は廃炉要求  【ソウル共同】韓国南部釜山の古里原発1号機で、2月に全電源が失われる事故が起き、1カ月以上隠蔽された問題で、政府の原子力安全委員会は4日、1号機の運用責任者ら現場幹部3人と、法人としての原発事業者「韓国水力原子力」を、原子力安全法違反などの容疑で検察に告発した。韓国メディアが伝えた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「国民が納得する安全基準を」嘉田知事、原発再稼働で

「国民が納得する安全基準を」嘉田知事、原発再稼働で  関西電力大飯原発3、4号機(福井県)の再稼働を巡る政府の3日の初協議を受け、嘉田由紀子知事は4日、「福島第1原発事故の原因を究明し、安全指針を出すことを徹底してほしい」とあらためて求めた。  野田佳彦首相や関係3閣僚は3日夜の協議で、再稼働の結論を持ち越し、暫定的な安全基準を作る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首相、大飯再稼働8日にも要請 暫定基準は週内決定

首相、大飯再稼働8日にも要請 暫定基準は週内決定  野田佳彦首相は4日、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働に向け8日にも枝野幸男経済産業相を同県に派遣し、西川一誠知事に協力を要請する方針を固めた。東京電力福島第1原発事故の教訓を踏まえた暫定的な安全基準を週内に決定。西川氏には暫定基準を満たせば再稼働の安全性は確保され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストップ原発イベントカレンダー:4月8日更新

ストップ原発イベントカレンダー:4月8日更新 ◆4・8くまがやアクション「原発いらない!放射能いらない!3・11を忘れない『中央公園』に集まろう(埼玉県熊谷市) 4月8日(日)正午~15:00、熊谷中央公園・噴水前広場(市役所隣)。 ・制服向上委員会によるミニコンサートやフリーマーケットなど。 ・14:20からニットーモール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「脱東電」7割超が前向き 県内市町本紙調査 値上げ踏まえ経費減狙う

「脱東電」7割超が前向き 県内市町本紙調査 値上げ踏まえ経費減狙う  県内26市町の7割以上が経費削減のために、電力の購入先について東京電力から特定規模電気事業者(PPS)への切り替えを実施・予定、または検討していることが3日までに、下野新聞社の取材で分かった。「実施・予定」は6市町、「可能性を検討中」は14市町。東電が今月から企業向…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電、夏のボーナス支給見送りへ/値上げ批判で

東電、夏のボーナス支給見送りへ/値上げ批判で  東京電力が社員への夏のボーナス支給を見送る検討に入ったことが3日、分かった。福島第1原発事故の後、管理職を除く社員の年収を2割削減しているが、ボーナスは昨年の夏、冬とも支給していた。4月から始めた企業向け電気料金の値上げに批判が強いことを受けて、経費削減への姿勢を示す。  東電は7月か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内科と歯科診療開始 川内村立診療所

内科と歯科診療開始 川内村立診療所   川内村保健福祉医療複合施設「ゆふね」内の村立診療所は2日、内科と歯科の診療を再開した。  初日は午後一時までに、内科に4人、歯科に2人が訪れた。薬の処方箋を受けるために内科を受診した村内上川内の無職女性(66)は「地元の医療機関を利用した方が落ち着く。診療所の再開は住民の帰村を促してくれる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首相、大飯再稼働で暫定基準指示 関係3閣僚と初協議

首相、大飯再稼働で暫定基準指示 関係3閣僚と初協議  野田佳彦首相は3日夜、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働をめぐり枝野幸男経済産業相ら関係3閣僚と官邸で初めて協議し、福島第1原発事故の教訓を踏まえた暫定的な安全基準をつくるよう指示した。週内に開く次回会合で、経産省原子力安全・保安院が基準案を示す。  新基準は福…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大飯原発再稼働「ノー」 ごみ処理未確立 最大理由

大飯原発再稼働「ノー」 ごみ処理未確立 最大理由  関西電力大飯原発の再稼働問題について、関電の筆頭株主である大阪市の橋下徹市長は2日、使用済み核燃料の処理体制が確立されていないことについて「原発再稼働に明確にノーといえる最大の理由になる」との考えを示した。  大阪府と大阪市でつくる府市統合本部エネルギー戦略会議が1日、国に提案する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日医会長に横倉氏 「親民主」の現職敗れる

日医会長に横倉氏 「親民主」の現職敗れる  日本医師会(日医、会員約十六万五千人)の会長選が一日、東京都文京区の日本医師会館での代議員会で行われ、決選投票の結果、横倉義武副会長(67)が、現職で再選を目指す原中勝征会長(71)を破り初当選した。  年内の衆院解散・総選挙も取りざたされる中、選挙戦は政治との距離を争点に展開された。二年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミイラ化遺体:東京都小金井市の住宅で発見 身元確認へ

ミイラ化遺体:東京都小金井市の住宅で発見 身元確認へ 2日午前10時ごろ、東京都小金井市本町4の男性医師方で、警視庁小金井署員と小金井市職員がミイラ化した遺体を発見した。遺体はこの男性とみられ、生きていれば88歳になるが、死後数年が経過している可能性があるという。同署は身元確認を急ぐとともに司法解剖して死因を調べる。  小金井署によ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首相、大飯原発再稼働3日に協議 京都、滋賀の理解前提と枝野氏

首相、大飯原発再稼働3日に協議 京都、滋賀の理解前提と枝野氏  野田佳彦首相は3日、枝野幸男経済産業相ら関係3閣僚と関西電力大飯原発3、4号機(福井県)の再稼働をめぐり協議する。東京電力福島第1原発事故以来、世論を二分している再稼働問題に対する政治判断のプロセスが始まる。枝野氏は2日の参院予算委員会で大飯原発立地の福井県に加え、京都府…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再稼働に必要な地元了解、範囲は? 敦賀市長、経産相と異なる認識

再稼働に必要な地元了解、範囲は? 敦賀市長、経産相と異なる認識  関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働に関連して、政府が理解を求めるべき「地元」の範囲が大きな焦点になってきた。枝野幸男経済産業相は2日、京都、滋賀両府県知事の理解が前提との認識を表明。これに対し全国原子力発電所所在市町村協議会(全原協)会長の河瀬一治…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原子力機構へ多額寄付 電力業界から2億5千万円

原子力機構へ多額寄付 電力業界から2億5千万円  原発の安全審査に多くの委員を出している日本原子力研究開発機構(茨城県東海村、鈴木篤之理事長)に対し、原発を持つ電力11社と業界団体の電気事業連合会が、2008~11年度に計2億5千万円余りを寄付していたことが2日、同機構への取材で分かった。  機構は、原子力安全委員会内の「安全専門…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more